映画「護られなかった者たちへ」ほぼネタバレなしレビュー!!

さかなさん

さかなさんですどうもこんにちは!

先日超〜〜〜珍しく平日の2連休があったので、調子乗って映画なんぞ見に行ってしまいました!映画大好き!!

見てきたのは中山七里原作、瀬々敬久監督の『護られなかった者たちへ』

せっかく久しぶりに映画館で映画見たので、感情が新鮮なうちに感じたことを徒然なるままに書きつくろうと思います!

レビューというかただの感想…!?

一部、人によってはネタバレになり得る部分がありますが、そこはアコーディオン(タップしないと見れない)にしておくので回避したい人は飛ばして下さい^^

感想を一言で言うとこんな感じです⇩

映画『護られなかった者たちへ』感想を一言で

★3.8点

「ツッコミどころがないわけじゃないけど全体的には良かった。あとキャストがめっちゃ良い」

目次

映画『護られなかった者たちへ』あらすじ

全身を縛られたまま“餓死”させられるという不可解な連続殺人事件が発生。

捜査線上に浮かび上がったのは、過去に起こした 事件で服役し、出所したばかりの利根(佐藤健)という男。

刑事の笘篠(阿部寛)は利根を追い詰めていくが、決定的な確証がつかめな いまま、第三の事件が起きようとしていた―。


なぜ、このような無残な殺し方をしたのか?利根の過去に何があったのか?

さまざま な想いが交錯する中、やがて事件の裏に隠された、切なくも衝撃の真実が明らかになっていく―

『護られなかった者たちへ』公式サイトより

『護られなかった者たちへ』感想①終盤の展開がめっちゃ○○!!!

さっそく人によってはネタバレゾーンです^^

どういう人にとってネタバレになるかというと

・中山七里(護られなかった者たちへの原作者)が好きなひと
・中山七里の作品を何個か読んだことがある人

要は中山七里作品に馴染みがある人にとってはネタバレになり得るので回避して下さい!

露骨なネタバレはしてないので中山七里読んだことない人は見ても特に問題ない代わりに意味が分からないと思います(^ω^

じゃあ誰が開くんだこのアコーディオン。

『護られなかった者たちへ』感想②キャストが実力派揃いで文句なし!!!

阿部寛に佐藤健に林遣都に清原果耶ですよ!!!!

これでもかという実力派揃い!!!

ちなみに林遣都は私がここ何年か一番好きな俳優さんです。

清原果耶は最近活躍している中で一番演技が上手いと思っている女優さんです。

みんな圧倒的な演技力でグイグイ作品に引き込まれました。

それだけでも見る価値あったよ…いやほんと。

『護られなかった者たちへ』感想③林遣都が出ずっぱり!!!

先述の通り私は林遣都が大好きなんですが

飽くまで「脇を固める」程度の配役だよな〜とそこにはあまり期待してなかったんですが

割とずっと出てた。嬉しい。

阿部寛のバディ?的なポジションなので阿部寛が写ってるときは大体います。阿部寛との身長差がかわええ。

ただし全く活躍はしません。

阿部寛は「変わり者で出世できない刑事」

そのバディである林遣都は「そんな阿部寛を良く思わないエリート思考寄りの刑事」

というなんともステレオタイプな設定なので、林遣都はたまに感じの悪い発言をするだけです。

それなのにそれなりの存在感を放ってるのはさすが林遣都と思わなくもないですが…

やはり一箇所ぐらいは見せ場が欲しかった

『護られなかった者たちへ』感想④佐藤健の横顔美しすぎか!!!

今作では佐藤健は容疑者として登場するので、基本ずっとやばい目つきしてます。

まさに人を殺しそうな顔です。役の憑依っぷりすげぇ!!

物思いに耽っているようなシーンも多々あるので、佐藤健の横顔がとても頻繁に映されるんですが

その横顔のラインがまー美しいこと美しいこと

ぶっちゃけ私の中で佐藤健って「名前はよく聞くけど知らない」くらいな感じの存在だったんですけど、一気に

「なんだこの美しい生き物は!!!!!!」

ってなりました。

かっこいいっていうか美しい。ずっと見てたい横顔でした。

『護られなかった者たちへ』感想⑤テーマは東日本大震災と生活保護

最後にちょっと真面目に内容紹介しますと、今作は東日本大震災と生活保護がテーマとなっております。

社会派の映画と言えますね。

ただ、このテーマに関しては諸々中途半端かなぁという印象でした。

東日本大震災で生活保護受給者が激増、現場は大混乱、そんな中本当は保護されるべき存在が網の目からこぼれ落ちていく…

そういう状況を描きたいのは伝わるんですが、2時間で描ききれてない感が否めない。

結果詰め込みすぎでセリフや展開にところどころ無理を感じます。

作品の評価を大きく下げるほどではないですが、ちょっと惜しい感じがしました。

『護られなかった者たちへ』感想⑥最後に一個突っ込ませてくれ!!!

〇〇が一人で〇〇するのは無理あるだろ!!!!!

映画を見た人なら○○に何が入るか分かるかと思います(笑)

これも中山七里けっこうやりがちですよね〜。

いや、無理だろ!!

『護られなかった者たちへ』感想まとめ 悪くなかったよ!!

というわけで改めて

映画『護られなかった者たちへ』感想を一言で

★3.8点

「ツッコミどころがないわけじゃないけど全体的には良かった。あとキャストがめっちゃ良い」

という感じの映画でした。

うん、悪くなかったよ!

久しぶりに映画館で映画見るのが楽しすぎて、映画熱が再燃しそうです^^

子どもいると映画館行くのめっちゃハードル高いけどね!

また何か見たらレビュー書きます!!

さかなさん

読んでいただいてありがとうございました!

おしまい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアはこちらから!

この記事を書いた人

HCU看護師をしながら2児(4歳♀、1歳♂)を育てている兼業主婦です^^

日々の色々をブログにつづっています。

ジャンルは住まい(一条工務店)、育児、学んだことの記録、読書記録などなど

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる